★南伊豆町ふるさと納税、ふるさと感謝券で宿泊できる海のバーベキューコテージのインターネット予約はこちら

サラリーマンの方は確定申告する必要ありません!

毎年、確定申告を行っていないサラリーマンがふるさと納税を行った場合、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の申込書を南伊豆町に提出すれば、確定申告の必要はありません。

この制度を利用できる方は、以下の2つの要件に該当する方です。

1 給与所得のみの方で、確定申告を行う必要のない方。ただし、給与所得のみの方でも、医療費控除、株式などの所得を申請する方は対象外となります。


2 平成27年中に行うふるさと納税の寄附先が5団体以下の方。

よって、上記に該当する一般のサラリーマンのみなさんは、「南伊豆町ふるさと納税」寄附お申込み時に「ワンストップ特例制度申請書を要望する」の欄にチェックを入れ、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の申請書を一緒に南伊豆町に提出するだけでOKです。

申請書pdfはこちらです。

申請書の書き方はこんな感じでご記入ください。

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の申請書

 

 

 

 

毎年、確定申告している方は「ふるさと納税」についても確定申告する

上記以外の方で、毎年確定申告している方が「南伊豆町ふるさと納税」寄附した場合には、翌年3月15日までに一緒に確定申告してください。

 

翌年3月15日までに税務署へ提出

毎年12月中旬には、国税庁のホームページに、その年の確定申告用紙がアップされますので、ダウンロードしてプリントアウトしてください。

または、後で説明しますが、国税庁のホームページの「確定申告書等作成コーナー」利用して、自分でパソコン入力で記入して、提出用の確定申告書を自宅でプリントアウト作成することもできます。

確定申告の用紙にはA様式とB様式の2種類ありますが、年金生活者はA様式、 個人事業主はB様式です。

 

「南伊豆町ふるさと納税」確定申告書の記入方法

ふるさと納税した人の確定申告書の記入方法について、私の手元にあるB様式で説明します。

年金生活者の方はA様式を使用しますが、記入手順は同じです。

 

1.確定申告書の第二票の第16項目「寄附金控除」欄を記入

□「寄附先の所在地、名称」欄には、「 静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂315-1、南伊豆町役場」と記入してください。

□「寄附金」欄には寄附金額を記入してください。ここでは50,000円と記入しました。

 

確定申告書Bの第16項目寄付金控除

 

 

2.添付書類台紙に領収書を貼り付ける

「南伊豆町ふるさと納税」寄付をしたときに、南伊豆町から交付(郵送)された「寄附金の受領書」(領収書)の実物を確定申告書の「添付書類台紙」に貼り付けて、確定申告書第一票、第二票とともに一緒に提出(郵送)してください。

「添付書類台紙」はこちらでもダウンロードできますのでプリントしてください。

添付書類台紙、確定申告

3.ふるさと納税の確定申告書の記入方法

確定申告書A様式の記入方法や提出については、パソコンとプリンターが自宅にあれば、国税庁のホームページの「確定申告書等作成コーナー」を利用して案外簡単に作成できますので、やってみてください。

その際、こちらの、国税庁、ふるさと納税確定申告、ビデオ動画(音声あり、8分39秒)案内をがわかりやすいのでぜひ参考にしてください。

国税庁のふるさと納税された方への確定申告方法について解説したホームページはこちらです。

 

 

住民税の還付(返金)と翌年の住民税からの控除(減額)

あなたの「南伊豆町ふるさと納税」確定申告が完了すると、1ヶ月以内に住民税の還付金があなたが指定した口座に振込まれます。

さらに、その後、4月1日以降の住民税から当該金額が控除(減額)された住民税通知が届きます。

ここでAさんのケースで言えば、4月に南伊豆町に5万円寄附して、翌年3月下旬に4,800円の還付金が板橋税務署から振り込まれ、かつ、翌年5月上旬に43,200円控除(減額)された住民税通知が板橋区役所から郵送されてきます。

寄附50,000円ー還付金4,800円ー住民税控除43,200円=自己負担2,000円となったことを確認しました。

これが「南伊豆町へのふるさと納税寄付」における最後の確認です。

 

確定申告の手続きでご質問あれば管轄の税務署までお問い合せください

いかがでしたか?ご理解いただけましたか?

もし、確定申告について、以上の説明でも分からないことがありましたら、管轄の税務署へ直接電話をしてみてください。

私はこれまで各地の税務署の窓口でいろいろ質問したり、電話で質問しましたが、どこの税務署でもとても親切に分かるまで教えてくれました。

確定申告について分からないことあれば最寄りの税務署に聞いてみることをおすすめいたします。

私たち9,000人の南伊豆町民はみなさまからの「南伊豆町ふるさと納税」を心からお待ちしております。

どうか、ご理解、ご協力、そしてほんのちょっとの手間、よろしく願いいたします。