★南伊豆町ふるさと納税、ふるさと感謝券で宿泊できる海のバーベキューコテージのインターネット予約はこちら

リターンを最大にする南伊豆町ふるさと納税の手順

それでは、最小の寄付で最大のメリットが得られるような「南伊豆町ふるさと納税」寄付の行い方についてご案内いたします。

先ずは寄附金額を決めてください。

寄附金額を決定するための目安は2つあります。1つは、自己負担が最低の2,000円で寄附するやり方、もう1つは、自分が欲しいお礼の品をゲットすることにこだわって寄附するやり方です。

以下、順に説明していきます。

1.最低の自己負担(2,000円)で寄附したい場合

下の表は総務省の「ふるさと納税」解説ページでから抜粋した一覧表で、「2,000円を除く全額が控除できる寄附金額の一覧(目安)」です。

この一覧表は、自己負担が最低限の2,000円の範囲内で寄附できる金額を示しています。

自己負担2,000円でふるさと納税できる一覧

この表から、たとえばCさんが、給与収入450万円、妻が専業主婦、子供は小学生1人、幼稚園1人だとすると・・・

たて欄は「450万円」、横欄は、中学生以下の子供は「子」には計算されませんので、「夫婦」となります。

すると「41,000」円となります。

すなわち、Aさんは、寄付額41,000円以下であれば自己負担は2,000円ということです。

そして寄付額が41,000円を超えると自己負担が2,000円よりも大きくなる、ということです。

これが一つの目安です。

 

【ここでご注意】

このAさんのケースでは、医療費控除額と住宅ローン控除額が「多額ではない」として試算されています。この2つの控除額が大きい場合はこの表の数値よりも減額されますので、こちらの『ふるさとチョイス』サイトの計算シートでさらに細かく試算することをおすすめいたします。

 

2.自分が欲しいお礼の品をゲットすることにこだわって寄附したい場合

二つ目の目安は、自分が欲しいお礼の品をゲットするためには最低いくらの寄附金が必要なのかを逆算して決定する方法です。

例えば、Cさんが、「お礼の品」一覧カタログを見て、私が経営するコテージの『1kg級ジキンメ・コース3人前付の1泊2日宿泊サービス』に目が止まったとします。

このサービスは25,000円券(南伊豆町ふるさと感謝券)で家族5人が宿泊利用できます。

ではその25,000円券をゲットするためにはいくら南伊豆町に寄附すれば良いのでしょうか?

南伊豆町の還元率は50%なので、正解は、25,000円X2=50,000円の寄付です。

つまり、50,000円寄附して25,000円分の「ふるさと感謝券」(旅行券)をゲットできます。

そして、この場合に自己負担がいくらになるのか?を計算しておくことが必要です。

この場合、Cさんの自己負担はいくらになるのでしょうか?

その計算方法が、総務省のホームページの真ん中あたりにある「寄附金控除額計算シミュレーションEXCEL」です。このファイルを見つけて自分のパソコンにダウンロードしてください。

その算定式に、年収、家族構成、寄附金額と入れると自己負担金額を算定してくれます。

例えば、Cさんの場合、給与収入450万円、妻が専業主婦、子供は小学生1人、幼稚園1人、寄附金額5万円、と入力しました。

すると、自己負担4,750円と出てきました(年によってこの数値は変化します)。

よってCさんは、実質の自己負担4,750円で、25,000円相当の家族旅行を楽しめるわけですから、それも十分に選択肢として「あり」なわけです。

これが二つ目の目安です。

以上2つの目安についてに、ご理解いただけましたか?

もし、分からない方がいらっしゃいましたら、森本までいつでもご連絡ください、納得いくまでご説明させていただきます。

 

3.どちらの目安で寄付額を決めるのか?

自己負担2,000円にこだわるのか?

または

それとも欲しいお礼の品にこだわるのか?

それは「あなた」の選択です。

 

 

 

南伊豆町ホームページから申し込み&支払いする方法

 

こちらが、南伊豆町のふるさと納税申し込みページはこちらです。

 

このページをご覧いただければ分かるように、南伊豆町では、『ふるさとチョイス』サイト、または、『ふるなび』サイトから、お申し込み&納税お支払いしてください!となっています。

現在、日本全国のふるさと納税の取扱高の約70%が『ふるさとチョイス』サイトから行われています。

私も、『ふるさとチョイス』サイトから、「お申し込み」&「納税お支払い」されることを強くおすすめいたします。

『ふるさとチョイス』サイトでは、クレジットカードも使えるし、休祭日や年末でも、手軽に、確実に、「お申し込み&お支払い」手続きができるからです。

今年度のふるさと納税の支払期限は12月31日23時59分です、銀行は年末休業です、でも『ふるさとチョイス』なら紅白歌合戦をTVで見ながらお支払いまで完了できます。

日本全国、ふるさと納税の「お申し込み」&「納税お支払い」は『ふるさとチョイス』サイトがおすすめです。

 

「ふるさとチョイス」サイトはこちら

「ふるさとチョイス」サイトでのお申し込み方法&支払い方法の説明はこちら

 

もちろん、南伊豆町役場に直接「お申し込み&お支払い」することも可能です。

その場合には、南伊豆町役場の商工観光課(電話 0558-62-6300)までお問い合わせの上、最新の手続きを確認した上で、手続きを進めることをおすすめいたします。

 

 

 

 

簡単手続きの「ふるさとチョイス」サイトから申し込み&支払う方法

 

私のオススメはポータルサイトの「ふるさとチョイス」サイトから南伊豆町への「ふるさと納税」の申し込み&支払いをする方法です。

理由は、ものすごく簡単で、クレジットカードも使用可で、週末や祝祭日で南伊豆町役場がお休みのときでもスピーディーに確実に手続きができるからです。

特に、年末などの「かけこみふるさと納税」では威力を発揮して、12月31日でもクレジットカード支払いで年内納税が可能になっています。

日本全国のふるさと納税取扱高シェアーで7割を閉める「ふるさとチョイス」サイトの利用を強くオススメいたします。

 

「ふるさとチョイス」サイトでのふるさと納税の申請方法

これから説明するインターネット申請方法は、2016年10月現在の画面の流れで解説しています。よって時間がたてば画面などが変更される場合もありますので、何とぞご了承ください。

まず「ふるさとチョイス」サイトを開いて下記の画面を確認してください。この画面は当サイトから南伊豆町へ「ふるさと納税」するための申請画面です。

下の画面で青線で囲ったボタン「寄附を申し込む」をクリックしてください。

「ふるさとチョイス」サイト

 

下のログイン画面が出てきますので、「会員登録しないで進む」ボタンをクリックしてください。

「ふるさとチョイス」サイト

 

下の画面のように申し込みフォーム画面になります。ここで第1の注意は、青線で囲ったワンストップ特例制度申請書の要望欄にチェックを入れてください。

ここにチェックを入れれば、サラリーマンの方は、確定申告が不要になります。ここは重要です。

それ以外の項目は個人情報を記入していってください。

 

「ふるさとチョイス」サイト

 

この画面での第2の注意点は<1つ目の特典>の(必須)「コース選択」ボックス内での選択方法です。

下の画面のように青線矢印で指した上から2つ目の「感謝券をご希望の方」を選択してください。

ふるさと納税の特典として、「ふるさと感謝券」を必ず選択してください、ここものすごく重要です!

これまで説明してきたように、「ふるさと感謝券」は、旅行券、宿泊券、食事券、商品券、体験サービス券、温泉券として利用できます。

当コテージに宿泊したり、オプション体験したり、すべて感謝券で支払い可能です。

選択ボックスの上から2番目の「感謝券をご希望の方」を必ず選択してください(下図)。

 

「ふるさとチョイス」サイト

 

「感謝券をご希望の方」を選択すれば、あとは、寄付金額を記入するだけで、自動的にその50%金額の「ふるさと感謝券」が、3週間後に郵送されてきます。

 

ちなみに、当コテージが提供している「ふるさと納税 旅行プラン」一覧は下記の通りです。

[1]15,000円のふるさと感謝券で素泊り1泊プラン 

ふるさとチョイス番号:Xa-01

 

[2]25,000円のふるさと感謝券で1kg地金目鯛料理付き弓ヶ浜バーベキューコテージ1泊プラン

ふるさとチョイス番号:Xa-02

 

[3]50,000円のふるさと感謝券で家族貸切釣り船体験ツアー&1kg地金目鯛料理付き2泊プラン

ふるさとチョイス番号:Xa-04


[4]50,000円のふるさと感謝券で冬限定グルメ1泊プラン、1kg地金目鯛+1kg黒毛和牛

ふるさとチョイス番号:Xa-05

 

[5]100,000円のふるさと感謝券で冬限定8名1泊宴会プラン、地金目鯛+黒毛和牛+伊勢エビ+地魚 舟盛

ふるさとチョイス番号:Xa-06

 

[6]300,000円のふるさと感謝券で冬限定15名1泊宴会プラン、地金目鯛+黒毛和牛+伊勢エビ+地魚舟盛

ふるさとチョイス番号:Xa-07

 

[7]500,000円のふるさと感謝券で冬限定35名1泊宴会プラン、地金目鯛+黒毛和牛+伊勢エビ+地魚舟盛 

(ふるさとチョイス番号:Xa-)

 

[8]500,000円のふるさと感謝券で南伊豆の海の景勝と天城の巨木と名旅館を巡る3泊ハイキングツアー 

ふるさとチョイス番号:Xa-51

 

[9]25,000円のふるさと感謝券でゆったり有酸素運動ツアー、1泊、中高年向け

ふるさとチョイス番号:Xa-03

 

 

「南伊豆町ふるさと納税」寄附申込書記入での二つのお願い。

さて、南伊豆町にふるさと納税する訳ですから、その寄付金の使い道についてもぜひ一言コメントしてください。

町長決裁ですから、町長に直接訴える気分でコメント欄を埋めてください。もちろん空欄でもまったく問題ありません。

 

一つ目のお願い

ふるさと納税の申込書には、「寄附者からの応援メッセージ」を記入する項目があります。

その項目には、「私の寄付金は、弓ヶ浜の自然保護やマリンスポーツ振興に使ってください。」と書いていただきたいのです。

その理由は・・・

311東北大震災以来、日本の海岸線は高さ10mのコンクリート防潮堤が万里の長城のように建築されています。

ここ南伊豆町でも、その流れが出てきており、この美しい弓ヶ浜にもコンクリート防潮堤を建造する動きが出てきました。

日本の渚百選にも選ばれ、白砂青松のエメラルドブルーのビーチをコンクリートで囲む・・・

日本の宝、いや地球の宝である弓ヶ浜を守るためにも、町民の一人として、このふるさと納税制度を利用したいと思っています。

弓ヶ浜の自然保護の声が日本全国に広がれば、静岡県知事にもきっと届くでしょう、そんな願いを込めて、何とぞよろしくお願いいたします。

 

二つ目のお願い

ふるさと納税の申込書には、「特典紹介者」を記入する項目があります。

ここには、「コテージ伊豆.com 森本均」と記入していただきたいのです。

そうすると、南伊豆町のゴミ袋(600円相当)が私に支給されます。

チリも積もれば山となる・・・

よろしくお願いいたします。

 

(記入例)

「ふるさとチョイス」サイト

 

 

さて、これで記入は完了です。

あとは、最後の確認ボタンを押して申し込みフォームを送信してください。

関係部署から応答メールが返信されますのでその指示通りに振り込み作業を完了してください。

納税支払い完了から約3週間後に南伊豆町から旅行券「ふるさと感謝券」が郵送されてきます。

それを使って、当コテージでの宿泊やオプションサービスをご利用ください。

 

 

 

ふるさと納税の確定申告の方法

毎年、確定申告を行っていないサラリーマンの場合は、寄附するときに「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の申込書を南伊豆町に提出すれば税務署に確定申告する必要はありません。

毎年、確定申告を行っている自営業者の方は、翌年の3月15日までに確定申告を行ってください。

「ふるさと納税」確定申告の詳細についてはこちらです。